雨でもシュノーケリングはできる?中止の場合や注意事項も解説

アイキャッチ画像 シュノーケリング

宮古島に行くのに、天気予報を見たら雨…。

せっかくの機会なのに、雨予報だとテンション下がりますよね。

「シュノーケリングをしようと思ってたけど、雨だとできないのかな」と不安になっている方もいるのではないでしょうか。

しかし、雨が降っていてもシュノーケリングは楽しめるので、安心してください。

この記事では、雨の日のシュノーケリングの楽しみ方や注意点について解説していきますね。

 

雨の日でもシュノーケリングは楽しめる!

シュノーケリングは雨が降っていても十分に楽しめるアクティビティです。

海に入って楽しむものなので、濡れるのは当たり前ですし、海に入ってしまえば気になりませんよ。

あまりにも雨が激しいと山から赤土が海に流れてしまって、海水の透明度が落ちてしまうこともあります。

しかしそのようなことは滅多になく、透明度が高い宮古島の海は多少の雨では濁ることがないので安心してください。

雨が降っていても水中にいる魚たちにはまったく影響ないので、晴れの日と変わらずにカラフルでかわいい魚たちをたくさん見ることもできます。

 

雨の日だからこその楽しみ方もある

雨が降ると太陽の光が届きにくくなるので、海の中が暗くなってしまう可能性はあります。

しかし、多少の雨であればさほど影響はありません。

むしろ少し暗い方が隠れている小さい魚も探しやすくなったり、幻想的な雰囲気が楽しめます。もちろん水中写真も問題なく撮れますよ。

逆に日差しが強すぎると海の中にいる人間や魚の影がくっきりと映し出されるので、海の中が見えづらくなることもあるんです。

雨でも青の洞窟はきれいに見える

洞窟内には雨が入ってこないので、シュノーケリングの大人気スポットである青の洞窟も、もちろん綺麗に見えますよ。

曇っている方が海の色もはっきりと美しい青に見えるので、晴れの日とは一味違った青の洞窟を楽しむことができます。
「晴れている日の青の洞窟よりも、雨の日や曇りの日の方が好き」と言う人もいるほどです。

 

 

雨でシュノーケリングが中止になる場合

シュノーケリングが行えるかは、雨よりも風の強さと波の高さが重要になってきます。特に北風が強いと波が高くなる傾向にあるので、冬の時期は特に注意です。

雨が降っていなかったとしても、風が強かったり波が高いと安全面を考慮して中止となる場合があります。

波の高い海に入ってしまうと事故になりかねません。気象庁が波浪警報や強風警報を出した場合や、大雨や台風の時も海が荒れてしまうので中止になります。

 

雨の日のシュノーケリングの注意点

防寒対策をきちんとする

雨が降ると、気温や水温が下がってしまいます。

さらに海から上がったあとの濡れた体は特に寒さを感じやすいですので、防寒対策をしっかりしておきましょう。

身体を包めるような大きめのバスタオルや、長袖の上着、風を通しにくいウインドブレーカーがあると安心です。

風邪をひかないようにしっかりと身体を温めるようにしてくださいね。

島の天気は変わりやすい

島の天気は変わりやすいです。最初は小雨でシュノーケリングができていても、途中で雨が本格化すれば中止になってしまうこともあります。反対に、もちろん途中から晴れてくる可能性もありますよ。

天気予報だけじゃなく、海洋情報も合わせてチェックしておくといいでしょう。

 

まとめ

雨が降っている場合のシュノーケリングの楽しみ方や、注意点などについて解説しました。

雨の日はなかなか景色が楽しめなかったり、観光も難しくなってしまいますよね。

しかし、シュノーケリングは天気に左右されずにできるアクティビティなので、宮古島の雨の日の楽しみ方としてもオススメです。

ぜひ、宮古島でのシュノーケリングを楽しんでくださいね。

Contact

予約・お問い合わせ

予約フォームまたは電話からご予約いただけます。
まずは、お気軽にご連絡ください。

Reservation パソコンアイコン 予約フォームからのお申込み
電話でのお申込み 0980-79-0109
  • 受付時間 9:00~18:00