【宮古島】シュノーケルをするときの服装は?アイテム別に紹介

アイキャッチ画像 シュノーケリング

宮古島でシュノーケリング、SUPツアーをしている浮人スタッフです。

初めてシュノーケリングをするにあたって、「どんな服装をすればいいのかわからない」「なにを準備したらいいのだろう」と悩む方も多いと思います。

今回はシュノーケリングをするときの服装について説明していきますね。

シュノーケリングの服装

まずはシュノーケリング時の服装についてアイテム別に解説していきます。

水着

シュノーケリングに欠かせない服装は、まず水着。

短パンやサーフパンツを履く場合はダボっとしたものより、少しピタッとしたタイプの方が動きやすくておすすめですよ。

ラッシュガード

海で着用されることの多いラッシュガード。水着の上から着用することで肌を保護したり、体温の低下を防いだりする効果があります。

日焼け止めは水や汗で落ちてしまう可能性が高く、塗り残しの危険性もあるので、海での日焼け対策はラッシュガードがおすすめです。UVカット機能がついているものを選べばさらに効果的。

指の穴を入れられるフィンガーホール付きであれば、腕が出てしまうことを防げますよ。

普通の服と違って水着素材なので、濡れても重くならず、乾きも早いのがいいところ。季節問わず様々な場面で活躍するので、1枚持っておくと重宝しますよ。

可愛い色やデザインのものが販売されているので、お気に入りのものを探してみましょう。浮人のシュノーケリングプランでは、ラッシュガードもプランに含まれています。

レギンス・トレンカ

脚は日焼け対策がおろそかになりがちなので、後から日焼けのあとがくっきり残ってしまって後悔…なんてことはよくある話。

レギンスやトレンカで脚までしっかりとカバーしましょう。思わぬ怪我の防止にも。

ウェットスーツ

シュノーケリングだけではなく、ダイビングやサーフィンでも使われるウェットスーツ。浮力も高いです。冬場などではラッシュガードの代わりに着る人もいますね。

1〜7mmの厚みがあるので、安全性や保温性にも優れています。全身繋がっているワンピースタイプもあれば、セパレートタイプまで様々あります。着替えやトイレにも楽なセパレートタイプがおすすめです。

ウェットスーツを着用する場合も、肌の保護や休憩中にウェットスーツを脱ぐ可能性も考えて下に水着を着用しましょう。

マリンシューズ

ビーチサンダルよりも脱げにくく、岩場や砂浜で歩くときに便利なマリンシューズ。

シュノーケリングをするときはフィンを着用しますが、マリンシューズも合わせて使うことが可能です。メッシュ素材のものを選ぶと水抜けが良いのでおすすめ。

浮人でも無料でマリンシューズの貸し出しをしていますよ。

帽子

日差しの強い海辺ではマストな帽子。

移動時や休憩時には帽子を被るようにすると暑さ対策、日焼け対策になります。

シュノーケリング時のメイクは?

女性の場合はメイクをどうするのか悩みどころ。

シュノーケリングは海に入るので、メイクをバッチリしてしまうと崩れてしまう可能性が高いです。アイメイクも黒のマスカラやアイライナーを使ってしまうと滲む原因に。

ベースメイクはファンデーションなどはなしにして、アイメイクも透明でウォータープルーフタイプのマスカラ程度に抑えることをおすすめします。

髪が長い人は必ずまとめてくださいね。日焼け止めは必ずウォータープルーフタイプのものを選びましょう。

コンタクトはつけたままでOKです。

浮人のシュノーケリングは水着とタオルだけでOK!

シュノーケリングの服装について解説しました。シュノーケリングは全身を動かすアクティビティなので、とにかく動きやすい服装を心がけるようにするといいですよ。

ジャージやデニム類は水を吸収して重くなってしまうので避けましょう。

浮人では水着とタオルだけお持ちいただければOKです。(水着を着用で来店される場合は着替えをお忘れなく!)ラッシュガード等もお持ちであればご持参いただいても構いません。

美しい宮古島の海でのシュノーケリングを楽しんでくださいね!

Contact

予約・お問い合わせ

予約フォームまたは電話からご予約いただけます。
まずは、お気軽にご連絡ください。

Reservation パソコンアイコン 予約フォームからのお申込み
電話でのお申込み 0980-79-0109
  • 受付時間 9:00~18:00